一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~

 

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~ » 【第二歩】投資する一棟マンションのタイプの選び方 ~「知るか」「知らないか」たったこれだけの違いで、有利か不利かの差がでるんだ。~ » タイプによるマンション投資の違い

タイプによる一棟マンション投資の違い

本カテゴリーでは、一棟マンション投資を行うにあたり、物件の種類ごとに、どのようなメリットやデメリットがあるのか、予算やお勧め不動産業者はどうかといった情報を取りまとめて紹介していこう。

一棟マンション、物件の種類ごとの違いや特色とは?

ひと口に一棟マンション投資と言っても、物件の築年数や立地というのはそれこそ千差万別。もっと言ってしまえば、この世に全く同じ物件というものは2つ存在しない。ゆえに、不動産投資で成功するためには、個々の物件の特徴を的確に把握して選ぶということが重要だ。とは言え、それこそ星の数程ある投資向け物件をひとつずつ解説するのは不可能。ここでは、以下の4つの分類ごとに、それぞれのメリットやデメリットなど紹介していこう。

都心新築

最新の設備や流行のデザイン、最新の耐震基準などを満たしており、都心という立地の良さも相まって、高い入居率が望めます。また「新築プレミアム」という、相場よりも5~10%程度値上げした賃料を設定できるメリットも。その一方で、比較的小規模な物件でも、最低1億円程度の資金が必要となり、投資家の中でも限られた層が対象となる。

都心新築の詳細を見てみる

都心中古

一棟マンション投資を行う場合の、王道と言ってよいのがこの都心に立地する中古の一棟物件。都心という賃貸ニーズが最も望めるエリアにて、利回りの高さをバランスよく望めるというのがメリット。一方で、都心新築ほどではないにせよ一定以上の資金が必要になり、また物件の築年数や老朽化度合いなどに注意が必要だ。

都心中古の詳細を見てみる

地方新築

率直に言うと、地方の新築一棟マンションは、投資対象としては不向きな物件。よほどの好条件や事情がない限りは、手を出すべきではない。その最大の理由は、新築であることのメリットを、地方では活かすことができず、むしろデメリットになってしまうという点があるからなんだ。

地方新築の詳細を見てみる

地方中古

このページで取り上げている4つの種類の中では、費用的には最も安価となり、高い利回りが期待できるというタイプの物件。そうした特性ゆえに、より多くの方に一棟マンション投資の門戸を開いている。またライバルとの競争も、都心ほどには激しくないというメリットも見逃せない。その一方で、物件の入居率は立地によって格差が激しくなるため、しっかりとして見極めが不可欠。

地方中古の詳細を見てみる

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

このページの先頭へ