一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~

 

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~ » 【第二歩】投資する一棟マンションのタイプの選び方 ~「知るか」「知らないか」たったこれだけの違いで、有利か不利かの差がでるんだ。~ » 新築VS中古

新築VS中古

本ページではマンション投資での物件選びにおいて、新築と中古どちらがよいのかを、それぞれのメリット・デメリットを比較しながら検証していこう。

マンション投資、新築と中古、それぞれの特色とは?

結論から先に話しておくと、マンション投資で新築と中古、どちらを選べばいいかというのに、正解はない。どちらにもメリットとデメリットがある。

大切なのは、そうした特性の違いをしっかりと理解しておき、自分の属性や狙うキャッシュフローの額なども総合的に鑑みた上で、どちらがよいのかを的確に判断するということに尽きる。

その判断材料として、ぜひ、本ページの記載内容を参考にしてみてほしい。では、具体的に見ていこう。

中古一棟物件のメリットとデメリット

メリット

デメリット

新築一棟物件のメリットとデメリット

メリット

デメリット

ひと口に投資向けの一棟マンションと言っても、新築と中古ではそれぞれに違いがある。その上で、ではご自身が一棟マンション投資をする場合、どちらを選ぶべきか。最終的には自身の判断になりますが、以下をぜひ参考にしてみてほしい。

中古一棟物件が向いているのは

収入や自己資金にできる資産が限られている方でも、中古一棟物件であればマンション投資は可能になるのが最大の利点。

上記の通り、物件の価格が比較的安く、その分、利回りも高くなることが期待できる。

また、比較的安価に手に入れた物件を一定期間賃貸経営した上で手放すというやり方でキャピタルゲインを狙うこともできる。

ただし、中古物件ゆえの落とし穴も多数ありますので、物件選びや賃貸経営サポートに、信頼できる不動産仲介業者との協力関係が不可欠だ。

新築一棟物件が向いているのは

比較的収入が高く、また自己資金にできる資産が一定以上あるならば、新築の一棟マンションへの投資も考慮すべきだろう。

その場合は、新築の強みを活かし、長期的なビジョンでインカムゲインを着実に狙うのがよいだろう。

新築ゆえに、ローン返済が終わったあとでも、資産価値を残したまま経営を続けるという選択肢も出てきます。ただし、この場合も、信頼できる不動産仲介業者との協力関係は必要だ。

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

このページの先頭へ