一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~

 

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~ » 【第二歩】投資する一棟マンションのタイプの選び方 ~「知るか」「知らないか」たったこれだけの違いで、有利か不利かの差がでるんだ。~ » ファミリータイプVSワンルーム

ファミリータイプVSワンルーム

本ページではマンション投資での物件選びにおいて、ファミリータイプとワンルームどちらがよいのかを、それぞれのメリット・デメリットを比較しながら検証していこう。

マンション投資、ファミリータイプとワンルームはどう違う?

ファミリータイプの賃貸マンションとは、概ね夫婦や子供がまだ幼い家庭をターゲットとしており、2LDK程度の間取りが一般的。

一方で単身者をメインターゲットとしているのがワンルーム、および1Kなどの物件だ。

賃貸経営という視点から、真っ先に思い浮かぶのはワンルームだが、ファミリー向けにはファミリー向けならではのメリットも。双方をキチンと理解しておくことが賢明だろう。

ファミリータイプ物件のメリットとデメリット

まず入居期間という点から見るとファミリータイプの物件は、ワンルーム物件よりも比較的長いという傾向が多い。パターンとしては、新婚夫婦あるいは子供が幼い夫婦が入居するというのが多く、子供が成長し、小学校、中学校、高校いずれかの学校に上がるタイミングでマイホームを入手して退去するというパターン。

また入居者の年齢層もワンルーム向け物件よりは相対的に高くなり、家賃が同等であれば、入居者の質は高くなる傾向がある。また、単身者向け物件では進学や人事異動などの影響で3月から4月にかけての出入りが激しくなるのに対し、ファミリー向けは通年ニーズがある。

一方で、原状回復コストという面では延床面積でワンルームよりも広くなるため、費用もより多くなり、また1平米あたりの賃料単価もワンルームよりは安くなるといったデメリットも。

ワンルームタイプ物件のメリットとデメリット

1Kなども含めた単身者向けのワンルームタイプ物件は、学生や独身の若い世代の社会人がターゲットの中心。それゆえ、ファミリータイプよりも入居期間は短くなる傾向があり、2年程度で退去というケースも珍しくない。言うまでもなく、大学の入学や人事異動といった行事に影響されるからだ。

当然ながら、原状回復や入居者を募集するためのコストが発生する頻度は、ファミリー向けよりも多くなる。また、入居者の質という点でも、ファミリータイプよりは低くなるという傾向が見られる。

一方で、床面積1平米あたりの賃料単価という面ではワンルームはファミリー向けよりも優れていると言える。仮に床面積が2倍であっても、単純に賃料も2倍となるというわけではないからだ。さらに、賃貸需要の数という点においては、エリアにもよりますが、ファミリー向けよりも大きく上回っていると言えるだろう。

以上の通り、2LDKなどのファミリー向け物件とワンルームや1Kなどの単身者物件には、それぞれにメリットとデメリットがある。どちらを選ぶべきかは、まさにケースバイケース。

例えば都心部や大学などの多いエリアでは、単身者向けの需要が高く、都心から少し離れたベッドタウンや住宅街ではファミリー向けの需要が見込まれるといった形だ。

物件の特性と立地条件や周辺環境などを総合的に判断して選ぶことが重要だ。

このページを見た人はこんなページも見てます

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

このページの先頭へ