一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~

 

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~ » 【第二歩】投資する一棟マンションのタイプの選び方 ~「知るか」「知らないか」たったこれだけの違いで、有利か不利かの差がでるんだ。~

【第二歩】投資する一棟マンションのタイプの選び方 ~「知るか」「知らないか」たったこれだけの違いで、有利か不利かの差がでるんだ。~

本カテゴリーでは、一棟マンション投資を行うにあたり、物件の選び方にスポットを当て、さまざまな種類ごとの特性やメリットとデメリットなどを取りまとめて紹介していこう。

投資する一棟マンション、その選び方のポイントは?

投資向けの一棟マンションと聞いて、思い浮かべるのはどんな物件でしょうか?実は、想像している以上に、多種多様なものがあるというのが実情。もちろん適当に選ぶというのは愚の骨頂。それぞれの特性やメリット・デメリットをしっかり理解することが、投資成功への第一歩だ。まずは、以下の分類ごとに、見ていこう。

新築VS中古

マンション投資で新築と中古、どちらを選べばいいというのに、正解はない。どちらにもメリットとデメリットがあるからだ。この業界で言われる格言(?)として「資産価値の新築、利回りの中古」というものがあり、その詳細をぜひ知っておいてほしい。また新築と中古、それぞれに向いている方についても紹介している。

新築と中古のメリット・デメリットを見てみる

都心VS地方

東京を筆頭とする都心エリアの利点は何といっても賃貸需要の高さに尽きる。近年では若者単身者のみならず、利便性を重視する高齢単身者の都心回帰といった動きも見られる。一方、地方の利点は物件価格の安さと、それに伴う高利回りへの期待が高くなるという点だ。ただし、どちらにもデメリットがあるという点もしっかり把握しておこう。

都心と地方のメリット・デメリットを見てみる

ファミリータイプVSワンルーム

賃貸経営という視点から、よりニーズが高いと想像するのは単身者向けワンルームになると思われる。しかし、新婚夫婦や幼いお子さんがいる夫婦向けのファミリータイプ賃貸物件も、ワンルームとは違った特色やメリットというものがあり、もちろんそれぞれにデメリットも存在している。それらについても、知識を深めておこう。

ファミリー・ワンルームのメリット・デメリットを見てみる

タイプによるマンション投資の違い

一棟マンション物件の築年数や立地というのもまた千差万別。もちろんそれぞれに特徴やメリット・デメリット、さらには必要となる費用の違いというものがある。ここでは「都心新築」、「都心中古」、「地方新築」、「地方中古」の4つの分類ごとに、それぞれ詳しく紹介していこう。

タイプによる違いを見てみる

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

このページの先頭へ