一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~

 

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~ » 【道のりに乗るまで】 セミナーで学んだ一棟マンション投資の失敗事例 » 管理会社任せにしてしまった

管理会社任せにしてしまった

本ページでは、一棟マンション投資において取得した不動産物件を、管理会社任せにしてしまうと、どんな危険性があるのか、という点について失敗談や対応策を紹介していこう。

不動産を管理会社任せにしてしまう、その危険性とは?

そもそものお話として、一棟マンション投資を検討されている方の多くは、会社員などの本業をお持ちの上で、副収入を得るためのサイドビジネスとして賃貸経営を検討されていることだろう。

会社員など本業を辞めて、いわゆる「専業大家さん」として転身するという方は少数派。そうした場合、入居者募集や賃料の徴収、物件の維持管理といった賃貸経営に関しては、管理会社によるサポートが不可欠だ。

しかし、そこでよく起こりがちなのが、本業の忙しさにかまけて、つい賃貸経営している不動産物件を管理会社任せにしてしまうというパターン。

もちろん信頼できる管理会社で、それで上手くいくのであればよいのですが、世の中それほど甘くないのが現実です。例えば、次のような事例がありました。

管理会社任せで修理費用がかさむ…

初めて一棟マンション物件を入手し賃貸経営を始めたAさん。本業で忙しく、また物件に関する知識も当時はそれほどなかったことを管理会社につけ込まれてしまったとのこと。

屋上の防水工事、外壁の目地とヒビ割れ補修、ベランダの鉄部の錆止め塗装といった具合に、次から次へと提案(事実上は要求)されたのだそうです。

本業で忙しく物件に足を運ぶことができなかったAさんは、そうした要求も、当然のこととして受け入れていたそうですが、実は後になってから、管理会社とリフォーム業者がグルになって不要な工事までさせていたと判明したそうです。まさに「ちょろい大家」として舐められてしまったのですね。

こうした事態を防ぐためには、こまめに物件に足を運ぶこと、物件の状態をその都度確認すること。そして物件の修繕などに関しても知識をしっかり得ておき、本当に必要な工事かどうかを見極め、リフォーム業者も信頼できるかどうかを判断することです。

一棟マンション投資は、決して左団扇で儲かるものではなく、れっきとした経営であることを忘れないでおこう。

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

このページの先頭へ