一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~

 

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~ » 【第三歩】融資を受けるには ~己を知り、敵を知れば、融資危うからず。~ » 金融機関の不動産投資の審査内容

金融機関の不動産投資の審査内容

本ページでは、不動産投資の融資を受けるにあたって、金融機関ではどのような審査内容で可否を判断しているのかという点を解説していきたいと思います。

不動産投資の融資、その審査内容とは?

「融資をする金融機関を知れ」のページでも述べています通り、不動産投資のローン審査は例えば住宅ローンの審査と比べ、よりハードルが高く厳しくなるのが普通です。住宅ローンであれば、借り手の職業や収入、自己資金(頭金)の額など個人の属性によって判断されるのに対し、不動産投資ローンはそれら以外にも、様々な要素が複雑に絡み合ってくるからです。

なかでも、とりわけ重要視されるのが、投資対象となる物件の収益性と資産価値です。これらが高いと判断されれば融資の審査はパスしやすくなり、条件もより有利となるのです。逆にそれらが火低いと見なされた場合は審査もより厳しくなるという訳です。

不動産投資における収益性とは

より詳しく見ていきましょう。まず物件の「収益性」とは、簡単に言えば、その物件で賃貸経営を行うことで、確実に家賃収入が得られるかどうかという点につきます。物件自体の価格はもちろんのこと、利回りや立地、築年数といった項目を総合的に判断されます。

不動産投資における資産価値とは

続いて物件の「資産価値」。これから不動産投資を行う立場としてあまり考えたくはないことですが、もしも賃貸経営が当初の目論見通りに行かず、家賃収入が十分に得られなかった場合、金融機関はその収益物件を売却させることによって投資金額を回収しなければなりません。その為に、投資対象となる物件を将来的に売却した場合、いくらになるかというのもしっかりとチェックするのです。

審査の項目に入る”属性”とは

そしてもうひとつ、借入人の職業や収入、自己資金、さらには性格や人となり、不動産事業へのビジョンといった「属性」も併せて審査項目となります。ある種前時代的ではありますが、借入人の人柄や身だしなみといった事柄も金融機関は見ています。もちろん、金融機関の都合を考えず、自身の都合ばかりをゴリ押しするようでは・・・あとは言うまでもありませんね。また、賃貸経営を行うにあたって、事業に関する知識がどこまであるのか、どのような展望を見据えているのか、不測の事態の際はどのようにリスクヘッジするかなどの事柄も質問されるはずです。

以上の通り、不動産投資ローンには、審査という高いハードルが待っています。金融機関にもよりますが、その審査には長い時間がかかることも珍しくありません。スピーディーに審査を受けたいのであれば、必要な資料を漏れなく早急に準備することも重要です。必要な書類などについては「融資を引く際に必要な資料」で解説していますので、ご一読ください。

そしてもうひとつ、不動産投資ローンの審査を受ける際には、金融機関の選定も含めて、そのノウハウに長けた不動産会社の助力を受けることが賢明です。そうした会社であれば、どの金融機関が不動産投資に積極的に融資をしているか、どのような審査基準を持っているか、といった情報や戦略の面で、頼もしい味方になってくれます。

本サイトでは、一棟マンション投資において、物件のタイプごとにおすすめの不動産仲介会社をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

このページを見た人はこんなページも見てます

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

このページの先頭へ