一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~

 

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~ » 【種類別】一棟マンション投資仲介会社リスト ~共に闘う仲間がいて初めて勝てる。~ » 水戸大家さん

水戸大家さん

本ページでは、不動産投資のメルマガ配信で話題の水戸大家さんについて、業者としての特色や得意とする物件、取引銀行数などの情報を取りまとめて紹介していこう。

▼目次

メルマガ配信で話題の、水戸大家さん

不動産投資のノウハウを無償提供

水戸大家さん
画像引用元:株式会社水戸大家さん公式HP
http://mitoooya.com/

水戸大家さんは投資向け不動産物件の仲介をメインの業務としながら、不動産投資に足を踏み入れたいと希望する方向けに、そのノウハウを無料提供することをモットーとしている。

これは同社代表が、一般的な会社員から不動産投資を成功させ、同社を設立したという経歴の持ち主であるため。メルマガ配信やブログ、セミナー、そして全554Pの「不動産投資大百科」の無料提供ということも行なっている。

全国対応で投資物件の売却依頼を受付

同社では一棟マンション、一棟アパートをはじめ、区分マンションや商業ビル、オフィスビルといったあらゆる収益物件の売却依頼に積極的に対応。

収益物件であれば、全国どこでも可能としており、資金力や融資額が限られている方でも狙いやすい、地方中古物件も豊富に取り揃えている。

依頼者一人ひとりに、ベストな提案がモットー

上記の通り、同社は代表自らが元会社員から不動産投資家に転身したという経歴の持ち主。その経験を活かし、一人一人異なる年収や自己資金、勤務先や勤続年数、さらには投資によって何を目標とするかといったことを細かくヒアリングした上で、その方にとってベストな提案をするというのが信条。決して自社の都合で売りたい物件を押し付けることはしないようだ。

プロということに甘えず学び続ける

不動産は、価値があるかを見極めている間に売れてしまったなんてことも少なくない。この見極めのタイミングが、不動産投資初心者にとって難しいからこそ、物件選びや紹介はプロに依頼するのが鉄則。

水戸大家さんは代表を始めとして、社員全員がプロとして常に学び続けている。だからこそ、損のない不動産投資をしっかりサポートしてもらえるというのが特徴と言えるだろう。

不安ではなくワクワクする投資を提供

本来なら、どれぐらい利益が出るのか、どんな物件と出会えるのかワクワクするのが不動産投資の魅力。同時に、自分に合った物件が見つかるのか、いつ価値が下がるか分からない不安があるのも事実。

水戸大家さんは、そんな不安を取り除いてくれる。不動産投資家目線で物件を提供する日本初の不動産会社として、投資家がワクワクするような物件情報を提供してくれるのだ。

投資家のバックグラウンドを綿密に確認し、望んでいる状況を的確に判断することで、不安よりも楽しみが大きい不動産投資を可能にしている。

SNSを駆使した営業戦略で海外ともつながっている

SNS

水戸大家さんは、セミナーやメルマガが主な集客口となっている。しかし、こういったツールだけではなく、FacebookやTwitterなどさまざまなSNSを活用して集客している。

SNSは今や全世界とつながれるツールとなっているため、水戸大家さんの顧客や物件は日本のみのとどまらずワールドワイドに広がっていくと考えていいだろう。世界からお客が集まるということは、その分情報も集まるということ。

だからこそ、優良物件を提供できるだけではなく、豊富な売り物件を押さえることも可能になるのだ。物件の質と数は不動産投資をする上でもっとも重要なことだから、SNSをうまく活用して物件や顧客への窓口を広げている水戸大家さんは顧客にとって一番大事な信頼を寄せられるメリットがあると言えるだろう。

銀行よりも高利回りが期待できる

今は、銀行にいくら預けていても利回りは、どんな商品でも1%以下。これでは銀行に預ける意味もメリットもない。だが、水戸大家さんなら家賃収入によって利回りが40%以上という実績がある投資家がいる。もちろん投資物件や投資額によって利回りは変わってくるが、実際にこれだけの利回りを出した人がいるのは大きな強みと言えるだろう。

取引銀行数

8行

水戸大家さんの口コミ評判

水戸大家さんのセミナー情報

セミナー

六本木の同社本社にて、定員6名のセミナーを随時開催。平日はもちろん、週末開催もあり、参加しやすいようになっている。最新情報は、随時、同社ホームページ上で更新されている。

どんなセミナー?

水戸大家さんのセミナーは、「不動産投資って自分でも出来るの?」と思っている人に、不動産投資で失敗しないよう、しっかり学んで成功してもらうために開かれている。

つまり、このセミナーを受ければ、不動産投資を行なうために必要な知識が学べるということだ。

不動産投資で利益を上げられるの?

不動産投資を始める際に誰もが思う疑問。不動産投資を始めたけど、儲けが出ないどころか毎月赤字…という話も聞いたことがあるはず。

そういう不動産投資に関する疑問や不安を一つひとつセミナーで解決してくれる。

不動産投資でやってはいけない行動、資産拡大するための最重要ポイント、知っておきたい悪徳不動産業者の見極め方など、融資戦略を中心になるべく少ない資金で不動産投資を始め、月に10万、20万と利益を安全に拡大させる方法が学べる。

誰でも参加できるの?

不動産投資を始めたいけど失敗したくない。短期間で資産を拡大して仕事を辞めても困らないようになりたい!という強い気持ちのある方はぜひ参加してほしい。

仕事についてなかったり、破産者でなければ誰でも参加可能だ。

セミナー例

不動産投資で失敗したくない人セミナー

水戸大家さんの営業スタッフが講師となり、不動産投資で失敗しないための方法を教えてくれる。具体的な内容としては、

といった内容を講義してくれる。特に融資戦略についてを中心に講義してくれるようだ。

☆年収300万円から始められる地方高利回り~1棟不動産投資術セミナー☆

水戸大家さんの営業スタッフが講師となり、他社で断られた人などをターゲットに、融資を受けるための方法を教えてくれるようだ。

具体的な内容としては、

といった内容を中心に講義してくれるセミナーのようだ。

水戸大家さん倒産?

誤解

水戸大家さんを検索すると「水戸大家さん倒産」というワードがヒットする。ここだけ切り取ってみると、倒産したように見えるが、今でもメルマガは配信されているし事務所もある。

これはいったいどういうことなのか調べてみた。

倒産したのは違う会社

水戸大家さんが配信しているYouTubeを観てみると、スマートデイズのかぼちゃの馬車について語っている動画がある。これが水戸大家さん倒産という誤解を招いているようだ。

だが、実際に倒産したのはスマートデイズという会社で水戸大家さんではない。

スマートデイズ かぼちゃの馬車とは

かぼちゃの馬車は、女性専用のシェアハウス。キッチン・トイレ・バスルームはシェアにして、個別の部屋をたくさん作ることで賃料を設けられるというビジネスモデルをもとに作られたのがかぼちゃの馬車という投資商品。

この商品の投資ターゲットは30代から50代の高収入サラリーマン。収入はあるけど貯蓄がない、そんな人をターゲットに賃料保証をつけて販売することで一気に利益を上げたのが運営元のスマートデイズなのだ

かぼちゃの馬車問題の煽り?

かぼちゃの馬車問題というのは、端的に言うと、スマートデイズが5000万円程度の価値の物件を投資家に1億円で売りつけたこと、高属性サラリーマンの証拠を偽造して銀行から融資を受けさせたこと、賃料保証を支払わないまま倒産したこと。

残念ながら、この投資商品を購入した投資家は1億円ほどの借金と借り手がいない一棟物件が残っただけ。資産が増えるどころか借金しか残らないという結果になったのがかぼちゃの馬車問題なのだ。

水戸大家さんも不動産投資を扱っていることから、社長がかぼちゃの馬車問題に絡めて投資に関しての問題を提起した動画を配信。それでなくても、ベッキーのCM出演で話題になっていたかぼちゃの馬車がおかしな倒産をしたことで注目度が高かったため、動画の内容が間違って伝わることで水戸大家さん倒産というワードが出てくるようになったのかもしれない。

不動産投資実績から見る峯島社長

峯島社長は高卒で社会に出て、独学で投資参入しています。キッカケは『金持ち父さん、貧乏父さん』の読書から、ちょうどその年に勃発した911・同時多発テロが投資タイミングと察し、手持ち資金で株式投資を始め、ひと財産を築いたとのこと。

その後ハウスメーカーで不動産を学び、個人で投資用マンション・戸建て・一棟建てを購入し、不動産投資を実践してきました。その成功もあって、不動産メルマガが購読数トップになり、独立して株式会社水戸大家さんの立ち上げに至っています。

このように峯島社長は独自の戦略で実践を積み重ね、今の地位に駆け上がった人物です。時流を読む洞察力と柔軟な思考力、何よりも自分を信じるブレない覚悟に長けた方なのです。

現在の不動産投資市場は、スガル銀行の件から融資へ引き締めで下降線状態です。峯島社長は『無理な借り入れによる投資は自重すべき』と主張し、『十分な資金がなければ、投資対象に妥協や希望的観測が出てしまうもの』と苦言しています。投資はあくまでも実利を追求する強い信念が大事で、理想主義では立ちいかないとシビアな意見を持っています。

近々のブログでは、『今は事務所を閉め、1、2年ゆっくりやります』とのこと。不動産投資は様子見のポジション。ただし不動産投資の利回りは良好と見ていて、高額物件への投資であれば利益が得られると、今は慎重に時期を伺っている感じです。

水戸大家さん代表が考える今後の投資について

いま人気のシェアハウスで家賃保証まで付いている、となれば投資物件としては大きな魅力であるのは事実。だからこそ、高収入である程度余裕のあるサラリーマンが、かぼちゃの馬車という投資商品にひっかかってしまったのだろう。

水戸大家さん代表の峯島社長は、この事件の影響によって融資が引き締められることを予想している。融資が引き締められれば、現時点で担保となる不動産などを持っている人や資金を持っている人などしか投資ができないという状態になっていくだろうという見解だ。

自己資金がない人は投資するな?

ということは、逆に考えると自己資金がない人は投資をするなと言っているように聞こえる。だが、もともとは普通の会社員で、そこから自分で不動産投資をして今の地位を築いた峯島社長は、投資をするなというのではなく、今はまだその時じゃないと言っているのかもしれない。

融資引き締めの時に無理に借りようとしても、十分な資金は借りられないだろう。そのせいで納得のいかない物件を購入したら、かぼちゃの馬車と同じことになる可能性がある。

だから、今は自己資金に余裕がある人、担保にできるものを持っている人が安全に投資をするべきと言っていることが考えられる。

融資引き締めでも不動産投資はチャンス

融資引き締めをチャンスとみるか、ピンチと捉えるか。

峯島社長いわく、確かに資産がないと不動産投資は厳しいかもしれないがピンチではないとのこと。

不動産投資の利回りはいまだに良いし、今後もさらに良くなっていく可能性がある。だからこそ、ここで高額物件に投資をしておけば、それ以上の利回りで利益が得られるという考え方なのだ。本当の資産があるなら、やはり不動産投資をしておくのが正解だということだろう。

資産がない人はどうする?

資産がない場合は、違うアプローチで資産を増やす方法を考えていくしかないというのが今の時点での代表の結論。だが、リスクを考慮しても、不動産投資は物件を見極めれば資産を増やせるチャンスであることには変わりない。

そのために学び続けているのが水戸大家さん。だから、まずはメルマガなどでその学びを自分のものにすること。

そして、投資家自身もチャンスを逃さないようにアンテナを張っておくことが資産を増やす第一歩と言えるだろう。

と言っても、倒産というワードが出てくるということは、水戸大家さんにもその可能性があるのでは、と不安になる人もいるかもしれない。

だが、水戸大家さんが発信しているSNSで情報をしっかり受け取っておけば、危ない時は自分で分かるから、受身ではなく情報収集は自分で行うことが大事なのだ。

会社概要

社名 株式会社水戸大家さん
所在地 東京都港区六本木6-1-26 六本木天城ビル9F
設立 記載なし
宅地建物取引業 免許番号 国土交通大臣(1)第8944号

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

このページの先頭へ