一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~

 

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

一棟マンション投資の教科書 ~一棟マンション投資は、事業だ!~ » 【第一歩】目標キャッシュフローを設定する ~人間ははっきりとゴールが見えれば準備をし達成へと着実に進む。~

【第一歩】目標キャッシュフローを設定する ~人間ははっきりとゴールが見えれば準備をし達成へと着実に進む。~

本カテゴリーでは、マンション投資を行うにあたり、年間で目標とするキャッシュフローの額によって、投資の内容はどのように変わってくるのかについて述べていく。

目指すキャッシュフローによって変わる、マンション投資の内容

マンション投資に限らず、ビジネスやスポーツ、その他様々なことにも当てはまることとして、人間は漠然と物事にあたるよりも、明確な目標を設定し、それに向かって努力をすれば、成功する確立は高まる。つまり、マンション投資においても、漠然と儲けたいと行うのではなく、明確に、年間のキャッシュフローを幾らと定め、それに向かって準備や計画、戦略を練ることで、投資への意識が高まり、成功の可能性も高くなると期待できるのだ。

一方で、これから初めて不動産投資を行う方などは、そもそもどれくらいの投資をすれば、どれくらいのキャッシュフローが得られるのか、そのためにはどれくらいの自己資金と融資が必要なのか、見当がつかないという方もいるだろう。そこで、以下の3つのキャッシュフロー金額ごとに、目安となる投資内容を紹介していこう。

年間100万のCFの場合

通常の給与収入に加え、月額10万円弱程度のプラスアルファの収入を得られる投資になり、一般的な収入の会社員などでも十分に行える投資内容となっている。一例として、自己資金240万円、融資3,000万円を年利2%で期間20年で借りた場合の試算を紹介しよう。

年間100万のCF例を見てみる

年間500万のCFの場合

上記の年間100万円に比べ、投資の規模はグンと上がる。さすがに誰もが行えるという投資ではなく、相応の自己資金や融資属性が必要。一例として、自己資金2000万円、融資2億5000万円を年利3%、期間20年で借りた場合の試算を紹介していこう。

年間500万のCF例を見てみる

年間1000万のCFの場合

不動産投資においても年間1000万のキャッシュフローを目指す投資が行える方というのは、自己資金においても融資属性においても、一部の限られた方になってしまうというのが現実だ。一例として、自己資金4000万円、融資5億円を年利2%、期間20年で借りた場合の試算を紹介していこう。

年間1000万のCF例を見てみる

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

選ぶならここだ! あなたの年収・流動資産から見るおすすめの一棟マンション投資仲介会社

このページの先頭へ